スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AzureのWindows 2012 Server日本語化について

マイクロソフト井上さんのこちら記事でMicrosoft Azreの仮想マシンのOSの日本語は、簡単に行えるのですが、コマンドプロンプト等のアプリはシステムロケールを参照する為、のフォント設定が日本語フォント(MSゴシック等)が存在しません。これらのアプリの為にシステムロケールを設定する方法を紹介します。

1.[コントロールパネル]→[時計、言語、及び地域]→[地域]を選択してダイアログを開いて[管理]タブを選択。
システムロケール設定1

2.[管理]タブにて「システムロケールの変更」をクリックして「現在のシステムロケール」のプルダウンから「日本語」を選択
システムロケール2

3.OS再起動で完了
スポンサーサイト

MacOS XのJAVA_HOMEの設定

MacOS XでJAVA_HOMEを設定するスマートな方法を調べていたら良さげなのがあったので紹介します。

■環境
MacOS X(10.9)
※ 10.7-10.9までは今回の方法で大丈夫そう

■内容
実はMacOS版のJDKにはJAVA_HOMEを求める為のコマンドがバンドルされています。
このコマンドの実行結果をそのままJAVA_HOMEに設定するという方法で変数設定を行います。
コマンドの場所はというと「/usr/libexec/java_home」にシンボリックリンクが存在しており、実態は以下の場所にあります。

ls -l /usr/libexec/java_home
lrwxr-xr-x 1 root wheel 79 3 10 15:30 /usr/libexec/java_home -> /System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/Current/Commands/java_home

試しに実行してみると

/usr/libexec/java_home
/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.7.0_51.jdk/Contents/Home

見事にJAVA_HOMEの場所を教えてくれます。
複数のバージョンがインストールされている場合は、引数を指定することでバージョン毎のJAVA_HOMEの場所を教えてくれます。

usr/libexec/java_home -v 1.7
/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.7.0_51.jdk/Contents/Home
/usr/libexec/java_home -v 1.6
/System/Library/Java/JavaVirtualMachines/1.6.0.jdk/Contents/Home

なかなか便利なコマンドではないでしょうか。
そしてこのコマンドの実行結果をJAVA_HOME変数に代入します。
「$HOME/.bash_profile」ファイル等に以下のコマンドを記述します。

export JAVA_HOME=`/usr/libexec/java_home -v 1.7`

以上です。

Boot CampのWindowsのキーボード設定

今日は情報シス部門から受け取ったMacbook Pro 15 retinaのBootCampでWindows7を起動したらキーボード設定がUSレイアウトになっており「@」は「Shift + 2」で入力だったりと不便だったので修復したのですが、意外とはまったのでやり方をブログに残そうと思います。
(もしかしたら、BootCampでOSインストールする時の設定等で回避できるかもしれませんが、私がインストールした訳ではないのでこのあたりの事情は分からず。。。)

1.レジストリエディタを起動する。
プログラムとファイルの検索ボックスで「regedit」入力すると候補としてレジストリエディタが出てくるので、これを起動します。

2.キーボード設定のレジストリ
レジストリエディタのツリーの以下のフォルダがキーボード設定のレジストリが格納されている場所です。

HKEY Local Machine\System\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters

3.以下のレジストリキーの値を編集
「Parameters」フォルダの「LayerDriver JPN」の値をkbd106.dllに変更します。
(変更前はkbd101.dllでした)

4.Windowsを再起動
Windowsの再起動後にキーボード設定が反映されます。

以上です。

WindowsをPowerShellのコマンドで再起動

WindowsをPowerShellのコマンドで再起動する方法を紹介します。
Windows Azureでサーバを再起動する時にいちいち管理ポータルに戻らなくても出来るので便利かも。

プログラム名を指定して実行のところに以下を入力して実行すると再起動できます。

powershell restart-computer

restart.png


以上です。

APKファイルの場所の確認方法

Androidの実機にインストールされているアプリのAPKファイルの場所の確認方法です。
adbのシェルでパッケージマネージャを使用し確認します。

■前提
Android SDKの設定が完了している事。
実機がadbから認識できる事(ドライバー等のインストールが完了している)。

1.実機をUSBで接続して、以下のコマンドでADB Shellを起動します。

adb shell

2.パッケージマネージャをコマンドから起動し、インストールしているAPKファイルを一覧表示します。

$ pm list packages -f

上記のコマンドでパッケージ名とAPKファイルの場所が一覧で表示されます。
予めパッケージ名等が分かっている場合は、grepコマンドをパイプすればフィルタリングできます。

$ pm list packages -f | grep <<パッケージ名の一部等>>


以上です。
プロフィール

まこち

Author:まこち
スマートフォンのアプリ開発やWebサイト構築等を仕事や趣味でやっています。
最近はグラフデータベースも始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。